Salesforce CDP Email Marketing Campaigns | Tableau Exchange

Salesforce CDP Email Marketing Campaigns

サンプリング基準 Tableau

説明

Tableau アクセラレーター「Email Marketing Campaigns」を使用すると、メール キャンペーン (計画、リーチ、エンゲージメント) の効率性をモニタリングするためのインサイトを、データに基づいてすぐに得ることができます。マーケティング キャンペーンの管理者は、このアクセラレーターを使用して、キャンペーン全体のパフォーマンスを把握することができます。

開始手順

1.Tableau Desktop バージョン 2020.4 以降がインストールされていて、ライセンスが付与されていることを確認します。 2.CDP からデータを引き出すためのアクセス権が Tableau に付与されていることを確認します。 CDP のヘルプ サイト には、これを行う方法に関する優れたドキュメントがあります。

3.このページの右上にある [ダウンロード] ボタンを使用して、Tableau ワークブックをダウンロードします。 4.ダウンロードしたワークブックをダブルクリックします。 初回ダウンロード時には、ワークブックにデモ データが含まれています。 5.ワークブックを開いたら、Tableau ダッシュボードの左下隅にある [データ ソース] タブをクリックします。 6.CDP のアカウントで認証します。指示に従い、CDP for Tableau にログインして接続を確立してください。注: クエリは「抽出」モードで実行することをお勧めします。CDP データに対する抽出の作成には、CDP のデータ量によっては時間がかかる場合があります。 7.データの更新や抽出の作成後、以下の Tableau 計算フィールド を確認し、必要であれば設定に合うように修正します。 - フィールド名 “配達済みメールか?” - フィールド名 “送信済みメールか?” - フィールド名 “ユニークなクリックか?” - フィールド名 “ユニークな開封か?” - フィールド名 “サブスクライブ解除か?”

8.アクセラレーターは、Tableau の以下の CDP 標準オブジェクトからのデータを、これらのオブジェクトに CDP のデータが正常に取り込まれたときに表示します。 - オブジェクト “キャンペーン”→ オブジェクト API 名 “Campaign__dlm” - オブジェクト “メール成約”→ オブジェクト API 名 “ssot_EmailEngagement_dlm” - オブジェクト “メール トピック”→ オブジェクト API 名 “ssot__EngagementTopic__dlm”

9.ダッシュボードを Tableau Cloud または Tableau Server にパブリッシュする準備が整いました。

ダッシュボードを調べる

ビジネスに関する重要な質問への回答

  • CTR (クリック スルー率) はどの程度か?時間とともにどのように推移しているか?
  • 高いエンゲージメントを生み出したキャンペーンはどれか?
  • 配信を停止した受信者は何人いたか?

KPI のモニタリングと改善

  • 送信メール総数
  • 配信されたメール総数
  • 開封されたメール総数
  • ユニーク クリック総数
  • 配信停止クリック総数
  • 開封率
  • CTR (クリック スルー率)
  • CTOR (開封クリック率)
  • 配信停止率
  • 配送率
  • キャンペーン数

必須の属性

  • オブジェクト “メール成約”→ オブジェクト API 名 “ssot_EmailEngagement_dlm”
    • フィールド名 “Engagement Channel Action” → フィールド API 名 “ssot__EngagementChannelActionId__c”
    • フィールド名 “Engagement Date Time” → フィールド API 名 “ssot__EngagementDateTm__c”
  • オブジェクト “キャンペーン”→ オブジェクト API 名 “Campaign__dlm”
    • フィールド名 “Name” → Field API Name “Name__c”

技術仕様

接続タイプ

Salesforce CDP

サポートしているレイアウト

セキュリティと法務

アクセラレーター